ジュエルレイン グリチルリチン酸ジカリウム

ジュエルレインに配合のグリチルリチン酸ジカリウムって何?

ジュエルレイン グリチルリチン酸ジカリウム

ジュエルレインの主要成分を見ていると、グリチルリチン酸ジカリウムという成分名が…。

 

ジュエルレインにはお肌に優しい成分、天然由来の成分が配合されているそうですが、グリチルリチン酸ジカリウムって、名前からして刺激が強そうな名前じゃないですか?(笑)

 

そこでここでは、ジュエルレインに配合のグリチルリチン酸ジカリウムとはどんな成分なのか?を調べました。

ジュエルレインのグリチルリチン酸ジカリウムはこんな成分です

ジュエルレイン グリチルリチン酸ジカリウム


グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチンさんジカリウム、dipotassium glycyrrhizate)は、グリチルリチン酸とカリウムの塩。グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2とも。CASは68797-35-3。
化学式はC42H60K2O16、分子量は899.1128。

 

※wikipediaより


正直、ウィキペディアを見ても、グリチルリチン酸ジカリウムは何からできてて、どんな効果のある成分なのか、サッパリ分かりません(汗)

 

そこで、もう少し掘り下げて調べてみました。

 

何からできている?

で、もう少し詳しく検索してみると、グリチルリチン酸ジカリウムは、カンゾウから生成される成分だと分かりました。

 

カンゾウと言えば、漢方にもしばしば用いられる成分ですね。

 

つまり、ジュエルレインに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムは、化学成分では無く、天然由来の成分なんです。

 

ちなみに、カンゾウは漢字で書くと、甘草となります。

 

読んで字のごとく、甘い草なので、醤油や漬物の甘味料として使われたりもするそうです。

 

なんと、その名前からは想像できませんが、グリチルリチン酸ジカリウムは食べられるくらいに安全な成分なんですね(笑)

 

効果は?

グリチルリチン酸ジカリウムの主な効果は、抗炎症作用です。

 

その消炎作用から、のどの腫れや痛みを抑えるうがい薬やトローチに使用されたり、目薬として用いられたりします。

 

この高い抗炎症作用と副作用の少なさから、様々な炎症を抑えるために用いられていて、もちろん多くのニキビケア用品にも配合されています。

 

つまり、ジュエルレインに含まれるこの成分は、安全かつ効果の高いニキビケア成分だと言えるんですね。

 

ジュエルレインのグリチルリチン酸ジカリウムとは?まとめ

ジュエルレイン グリチルリチン酸ジカリウム

ジュエルレインのグリチルリチン酸ジカリウムはどんな成分なのかを調べた結果、

  • カンゾウから摘出される天然由来成分
  • 食物にも使われる安全性のある成分
  • 消炎、抗炎症作用が強い
  • ニキビやニキビ跡、スキンケアに効果的

だと分かりました。

 

副作用の心配がなく、炎症を抑える効果も強い成分…つまり、グリチルリチン酸ジカリウムはニキビケアにピッタリの成分だと言えそうです。

 

ジュエルレイン